トイレの便器と床の水漏れ

トイレで水漏れが起きる最も大きな原因には、本体や部品が経年劣化によって不具合を起こすことであると言われています。水が漏れずに必要なときだけに便器に流れることを当然のものと考えていますが、そのためには、密閉性や気密性を維持するためのパッキンやナットなどのさまざまな部品が必要となります。
少しの緩みや破損でも水が漏れる原因となるため、定期的なメンテナンスが必要です。

■床の水漏れ

トイレに行くと床が水で濡れているのに気付いたことはないでしょうか。冬の寒い時期であれば結露によって少量の水がつくことはありますが、そうでない場合はどこからか水が漏れているということになります。ただ、床が濡れているというだけで原因を特定するのは難しく、タンクばかり調べていたら見当違いだったということも珍しくありません。
給水管と便器の連結部分やタンクと給水管の連結部分から水が漏れている場合は、自分で修理を行うことは難しいです。また、濁った水で床が濡れている場合は、排水管に問題があることが多く、場合によっては一度便器を外さなくてはならないこともあります。専門的な知識や技術を持ったプロの業者でないと手がつけられないことも多いため、無理をせず任せるようにしましょう。

■便器の水漏れ

チョロチョロと絶え間なく水が便器のなかに漏れている場合は、タンクやパイプ、温水洗浄便座のノズルなどに問題があると考えられます。しかし、便器のなかではなく便器の周りが濡れている場合は、便器からの水漏れを疑った方がいいでしょう。陶磁器製の便器は耐久性に優れていて簡単にヒビが入ることはありませんが、最近では温水洗浄便座の設置によって便器に負担や衝撃がかかって割れてしまうこともあります。
便器の破損や劣化の状態によって、取り換え、修理と対応が変わってきます。ホームセンターでパテなどを購入すれば自分で修理することもできますが、無理をすると状況が悪化して水漏れがひどくなることもあります。買い替えなどの判断も含めてプロの業者に相談すれば、最適な方法でトラブルを解決することができるでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れは直接水を流すタンクやタンクと便器の連結部分が原因となることもあります。しかし、ただ床が濡れているだけで水が漏れている場所を特定できなかったり、便器に問題があって水が漏れていたりすることもあります。トイレの修理は棚づくりなどのDIYとは違う専門的な知識が必要となることもあり、勝手な判断で作業すると事態を悪化させることになりかねません。
総合的な判断を仰ぎ、最も適切な対処をするためには、早い段階でプロの業者に相談することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ