トイレの給水管からの水漏れ

トイレ 水漏れでは、漏れている水が透明できれいなものか、それとも黒や黄、茶色などの色がついた汚れたものなのかによっても原因が変わってきます。黒ずんだ水の場合は、ゴムパッキンの汚れや部品自体が劣化した色が出ていることが考えられます。また、透明な水の場合は給水部分による漏れと考えられます。透明な水が漏れる場合は、タンクに水が溜められるまで、またはタンクから便器に注がれるまでの給水管に問題があると考えられます。

■給水管の仕組み

トイレの給水管は家庭に配される水道管が枝分かれしたものです。目に見える部分はごくわずかで、そのほとんどは壁のなかや床の下に張り巡らされてします。水漏れが発生したときは、家庭全体に影響が及ぶ水道の元栓を閉めなくても、分岐した止水栓を閉めることで水による被害を食い止めることができます。
分岐された給水管はタンクや温水洗浄便座へつながっており、ストレートやフレキシブルなどのタイプや先端に金属製のナットがつけられているものなどがあります。常に水を供給するため劣化することも多く、部品やパイプなどが破損することによって水が漏れだす原因となります。簡単な部品交換だけで済むのであれば、自分で修理することも可能ではあります。

■給水管からの水漏れ

給水管から水が漏れている場合は、タンクと便器や温水洗浄便座、タンクと給水管などの接続部分に問題が生じることが多いものです。パッキンの交換だけで済めば、新しい部品をホームセンターなどで購入してドライバーがあれば自分でも修理することができます。ただ、給配管のサイズやパッキンのサイズをきちんと確認しないと無駄になることもあるので注意が必要です。
小さな部品だけでなく、給水管自体を交換しなければ問題が解決しない場合もあります。必要となる工具や部品も多くなり、作業にも専門的な知識や技術が必要となります。止水栓に近い部分で作業を失敗すると水が止まらない状態になって思いもよらない大惨事になることもあるので、無理をせずに専門の業者に修理を依頼した方が良いです。

■まとめ
トイレの水漏れは、水を溜めるタンク、水を供給する給水管、タンクから便器や温水洗浄便座につなぐパイプ、便器とともにそれぞれをつなぐ部分など、さまざまな部分に問題が生じることで起こります。どこから水が漏れているのか、どうして漏れているのかを明確にしないと適切に対処することができません。
また、小さな部品の交換程度で済めば自分でも修理が可能ですが、原因や対処法がわからない場合、多くの部品や工具、専門的な知識や技術が必要となる修理については、専門業者に依頼するのが賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ