トイレタンクや温水洗浄便座の水漏れ

台所や洗面所などでは、必要なときに蛇口をひねって水や温水を出します。水が漏れている場合は、蛇口のパッキンの劣化などの原因が考えられます。一方、トイレは水を流すたびに蛇口を開けることはなく、給水管からタンクに溜められた水を洗浄レバーやボタンを操作することで流します。
したがって、使用しない間に水漏れしていることには気づきにくく、突然床が塗れていたり、便器に水が流れっぱなしになっていたりすることに気づくこともあります。

■タンクの水漏れ

トイレでは用を足して水を流す際に蛇口から直接水が出るのではなく、事前にタンクに溜められた水が流れる仕組みになっています。そのため、使用しない間も長時間にわたってタンクに溜められた水が漏れだすこともあります。タンクにはフタやポールタップ、フロートバルブ、パッキン、などさまざまな部品があります。複雑な構造で適切に水を流すようになっているため、パーツの位置が少しずれただけでも水が流れなくなることもあります。
また、パッキンなどのパーツが経年劣化によって使用に耐えられなくなっていることもあります。そのような場合は新しい部品に交換することで問題を解決させることもできます。しかし、大掛かりな作業をともなう部品交換作業はタンクを傷つけるおそれもあるため、無理をせず専門業者に依頼することが必要です。

■温水洗浄便座の水漏れ

日本が世界に誇る温水洗浄便座の人気はとても高く、国内ではほとんどの家庭に普及しています。トイレの水漏れもこれまでのようにタンクや便器だけでなく、温水洗浄便座でも起こるようになっており、複雑化しています。パーツのジョイント部分や温水が噴き出すノズル部分、温水洗浄便座と給水管の連結部分などが主な水が漏れる場所です。
温水洗浄便座自体が劣化していることで起きている水漏れであれば、買い替え、付け替えで問題が解決されることもあります。しかし買ってから数年しか経たないのに便器との間から漏れるなどの場合は、修理が必要となります。温水洗浄便座は複雑で精密な電子基板が採用された精密機器の1つであり、個人の修理で対応できるレベルを超えたものです。無理な修理を行うと漏電による感電事故や発火事故につながるおそれもあるため、専門業者に依頼することが先決です。

■まとめ
トイレの水漏れで最も疑われる場所がタンクです。タンクがひび割れしていたり、給水管との連結部分が劣化していたりする場合は、気づきやすいですがそれ以外のパーツの劣化や緩みなどによる場合は、素人で原因を特定し対処することは難しいです。
また、最近多いのが温水洗浄便座から水が漏れるというものです。温水洗浄便座は水だけでなく電気も使って作動するため、どの部分に問題があるのかを見つけるのは困難であり、素人による修理には危険もともないます。早めに専門業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ